寸法をはかる

オーダーカーテンを作ってもらう前に必要なことがあります。
それは、オーダーカーテンを取り付ける場所に合わせた、サイズを測るという行程です。
測り方の方法は何通りかあります。その一つが、カーテンのレールに合わせて測る方法です。
レールに沿って測ると、幅はどのくらいなのか知ることが出来ます。
自宅の窓の大きさによっては、幅も違ってきます。だからこそ、測ることは大切なのです。
特に窓が床まである場合は、横の幅が長くなります。しかし、カーテンを取り付ける場合は、横の幅も少しゆとりのある長さにしなくてはなりません。
窓の幅の大きさに合わせてカーテンを決めてしまうと、少し窓が見えるような状態になってしまうので注意が必要です。

オーダーカーテンを作ってもらうには、幅の他にも高さがどのくらいなのか知っておく必要があります。
その高さも、窓の大きさによって、変わってきます。
自宅の窓が大きい場合は、カーテンを取り付ける部分から床まで測ります。
床まで測る場合は、1cmぐらいの隙間をつくるようにしましょう。
窓が腰までの場合は、カーテンのレールの部分から、窓枠の15cm下まで測ります。
カーテンの長さにもゆとりを持つと、太陽の紫外線を避ける事が出来ます。
また、防犯対策にもなるので、窓の長さはゆとりある方が最もいいのです。
幅にも高さにもゆとりのある素敵なオーダーカーテンを作ってもらいましょう。カーテンは可愛らしさや大人っぽさを演出してくれます。